ページの先頭へ戻る

表面加工一覧

※表は横スクロールします。

種類 施工可能寸法 特徴
析出硬度
Cr系
  硬質
Crめっき
Φ1,600×5,400 高硬度で耐磨耗がある。
800 ~ 950Hv
高硬度Crめっき Φ1,200×2,000 硬質Crめっきより高硬度である。
950 ~ 1,000Hv
クリスター
コート
Φ600×3,800
(Φ1,600×5,400)
硬質Crより高硬度で耐磨耗があり、付き回り・鮮映性に優れる。
1,000 ~ 1,100Hv
Hiクリスター Φ900×3,000 クリスターコートより更に高硬度で、耐摩耗性・付き回り・鮮映性に優れる。
1,100 ~ 1,200Hv
Ni系
  Niめっき Φ800×3,000  耐食性・耐熱性に優れる。
200Hv
ハイパー
コート
Φ400×2,500  Ni合金めっきで高硬度をようし耐熱性に優れ、高温での潤滑性が良好。
550Hv
F・ハード Φ270×2,800 Niめっき皮膜中にPTFE粒子を均一に共析させたもので、離型性・発水性に優れる。
一般的なNi/PTFE皮膜よりも高硬度である。
400~420HV
Cu系
  銅めっき Φ610×1,500 厚めっきによる寸法復元。
150 ~ 200Hv
溶射
  Ni   耐食性、耐熱性、補修肉盛り
NiCr   高温環境下での耐食性、耐酸化性、耐アルカリ性、耐熱性
Ni-Al-Mo   耐食性、低摩擦係数、加工性、使用温度目安:700℃以下
インコネル625   耐食性、耐熱性
Mo   耐摩耗性、耐摺動摩耗性、耐焼き付き性
SUS316L   耐食性、耐摩耗性
サーメット
  WC/Co   高硬度、耐摩耗性(500℃以下)
WC/CoCr   高靭性、耐摩耗性、耐食性(450℃以下)
Cr3C2/NiCr   高温環境下での耐摩耗性、使用温度目安:850℃以下
MoB/CoCr   耐摩耗性、耐食性、耐高温腐食性、耐溶融金属、高摺動特性
セラミック
  Al2O3ベース   耐熱性、耐アブレシブ摩耗性、耐高温摩耗性、耐すべり摩耗性 熱衝撃性、高温での化学的安定性
Y2O3ベース   高耐プラズマ性、最高使用温度1650℃
ZrO2ベース   断熱性、熱衝撃性、濡れ、耐高温粒子エロージョン性、耐酸化性
Cr2O3ベース   高硬度、耐摺動摩耗、固体潤滑性、鏡面仕上げ、耐食性 靭性が求められる所での耐摩耗性
TiO2   耐薬品性、耐摩耗性(500℃以下)
表面特殊加工
  ショット加工   ユーザーの指定粗度に合わせることができる。
ディンプル
加工
  表面を球状粗化する事で鋼板接触時のピーク部への圧加 集中を緩和し、グリップ力を長期に緩和できる。
ピークカット加工   表面に非常に小さい凹みを点在させた鏡面仕上げでシート離れが良好。
研磨
  SF研磨機 Φ1,000×5,000 (他2台) 超鏡面まで仕上げることが出来る(0.1s以下。)
円筒研磨機 Φ850×4,500 (他1台) 高精度を出すことが出来る(μオーダーまで可)。
バフ研磨機 Φ1,500×6,000 (他2台) 大型ロールまで施工可能。
湿式バフ
研磨機
Φ450×3,500L(他2台) 従来のバフ研磨機より精度が向上