ページの先頭へ戻る

沿革

大正5年の創業から現在に至るまでの沿革と、会社名やマークの由来についてご紹介します。

沿革

※表は横スクロールします。

1910~40
大正5年5月 三島亀松 三島組を創業 旭硝子株式会社牧山工場にて製造ライン作業開始
昭和18年10月 八幡製鐵所より軸受球鋼素材旋削作業受注
昭和24年12月 三島光産株式会社設立 代表取締役三島恵三就任
1950~
昭和27年8月 八幡製鐵所構内製造ライン作業の受注を開始
昭和28年4月 耐火煉瓦金型を製作、黒崎窯業株式会社へ納入開始
昭和34年1月 旭硝子株式会社千葉工場建設、製造ライン作業受注
昭和34年5月 産業車両(バッテリーフォークリフト車)整備開始
1960~
昭和36年6月 社内報「ノーバ・フロント・ミシマ」創刊
昭和41年3月 旭硝子株式会社船橋工場、八幡鋼管東京工場、製造ライン作業受注
昭和42年9月 君津進出 新日鐵君津製鐵所、製造ライン作業受注
昭和44年1月 QCサークル活動開始(第一回QCサークル全社大会開催)
昭和44年8月 連続鋳造用モールド製造開始
1970~
昭和45年10月 旭硝子株式会社鹿島工場、旭ペンケミカル株式会社、製造ライン作業受注
昭和46年 ニッケル電鋳モールド製法特許取得
昭和50年11月 営業拠点本部として東京営業所を開設
昭和51年11月 代表取締役社長三島正一就任
昭和54年3月 「技報」第一号創刊
1980~
昭和55年5月 機工事業部千葉工場設立、モールド製品拡販体制強化
昭和58年8月 ステンレス鏡面研磨加工開始
昭和59年4月 FAシステムエンジニアリング事業分野へ進出
昭和59年11月 金型成形センター完成
昭和60年11月 機工小倉工場へ集約化完了
昭和63年7月 旭硝子株式会社相模工場、製造ライン作業開始
1990~
平成2年12月 機工工場熱処理センター完成
平成3年4月 VCI導入(社章、ロゴ、キャッチフレーズ、コーポレートカラー)制定
平成5年1月 社章変更(宇宙をイメージとする)
平成8年6月 機工事業本部成形金型事業部 ISO9002:1994品質システム審査登録
平成9年9月 機工事業本部大型金型行橋工場開設
平成11年11月 全社「MQC活動」開始
2000~
平成12年2月 製品事業部関東工場、洗面ボール製造開始
平成12年8月 製品事業部GL工場開設、ガラスライニングパイプ製造開始
平成13年3月 大型射出成形開始(850T)
平成13年4月 マグネシウム射出成形事業開始
平成13年4月 ミシマ・オーエー・システム iDC(データセンター)開設
平成14年 大型射出成形機導入(2000T、2500T、3000T、4000T)
平成15年8月 ミシマ・オーエー・システム 北九州e-portセンター内にiDC(データセンター)開設
平成16年3月 小倉第一工場 ISO14001認証取得
平成16年4月 平和自動車工業株式会社グループ会社化、平和物流株式会社グループ会社化
平成17年1月 三島光産香港有限公司 三島精密プラスチック工場開設(中国広東省東莞市長安鎮)
平成19年2月 行橋第二工場(株式会社H&I塗装)開設
平成19年3月 FA新工場開設
平成19年6月 資本金3億5,950万円に増資
平成19年10月 大型成形金型事業部 ISO9001認証取得
平成20年4月 コンプライアンス体制の構築
平成20年9月 テレビ会議システム導入
平成21年 ISO認証取得
9001:千葉、鹿島、相模事業部
14001:本社、エンジニアリング事業部
2010~
平成23年2月 ICトレイメーカーとして事業展開を開始
平成23年12月 機工事業本部特化事業部を開設
平成24年4月 製造請負優良適正事業者に認定
平成24年10月 ヒューマンブリッジ株式会社が福祉事業・保育事業 開始
三島光産精密塑胶(東莞)有限公司 設立
平成24年11月 九州化工事業部(GL課) ISO9001認証取得
平成25年3月 Joint Venture Mishima‐Mashprom,LLC 設立
平成27年2月 株式会社M&I化成 設立
平成27年2月 インドAMT社へ資本出資、協業体制構築 (Advanced Mould Technology Pvt Ltd)
ベトナム新設製鉄所向け連続鋳造用モールド鍍金設備受注 (Formosa Ha Tinh Steel Corporation Vietnam)
平成27年9月 平和自動車工業株式会社新工場(行橋市)竣工
平成28年3月 代表取締役会長 三島正一 就任
代表取締役社長 三島秀夫 就任

「三島光産」の由来

昭和24年12月、三島組を株式会社に改組したとき、三島光産と命名されました。
「光産」は「興産」と書かれるのが普通ですが、わが社の場合は、三島恵三社長(当時)が、『会社を産業界で光り輝くものにする』という思いを込め、「光」という字を使いました。 従って、「三島光産」という社名は、常に社会に認められる立派な仕事をして世界に雄飛し、天地とともにいつまでも栄える「ミシマ」にしたいという願いから命名されました。

この社名は、会社と従業員の繁栄を祈り、常に未来を指向する意志を表す社名と言えます。

シンボルマーク

シンボルマーク 現在のマークは、平成5年1月に制定され、無限・輪(和)をモチーフに銀河系・惑星とその 軌道をイメージしてデザインしました。人と技術の三島を宇宙でとらえ、社会を大円、三島光産を小円で表現し、軌道をイメージした楕円は「社会との調和を図りながら、行動する三島」を表しています。
コーポレートカラーには、長い伝統に培われた信頼と創造、快活と躍動感を象徴する色 として、三島レッドを選びました。
このシンボルマークとコーポレートカラーが綾なす一体感のなかに、限りない三島光産の輝かしい発展の願いをこめています。