ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症に伴う「緊急事態宣言」一部解除の対応について

投稿日:2020年05月15日

弊社では、新型コロナウイルス感染症への対応として対策本部を設置し、グループ全社の感染拡大を防ぐために、情報収集や対策を発信しています。

5月14日、新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」について感染拡大に一定の歯止めがかかっている39県(当社関係自治体:茨城県、福岡県)において解除されました。しかし政府は大規模なイベントの開催や接客を伴う飲食店の利用、宣言が継続する8都道府県(東京、北海道、大阪、京都、神奈川、埼玉、千葉、兵庫)との不要不急の往来の自粛は引き続き求めるとしております。

当社には緊急事態宣言下にある事業所と、そうでない事業所が混在することから、4月からお知らせしている「非常事態宣言発令に伴う新型コロナウイルス感染症への対応」と、それぞれの自治体等の指針に沿った自粛を依頼いたします。

対策事項を要約してお知らせいたします。

感染予防対策

(1) 感染予防徹底のため以下を徹底

  • 出社前、自宅で体温を測定することを徹底。
  • 出社時、外出からの帰社時、帰宅時等でのこまめな「手洗い・うがい」を実施すること(手洗い時には石鹸を使用し、アルコール消毒液を併用)。

(2)感染予防徹底のため以下を推奨

  • 事業部判断にて可能な限り時差出勤をさせること。
  • テレワーク環境を与えられており、業務内容がパソコン利用の可能な者は、努めて在宅勤務を実施すること。
  • 公共交通機関など、人混みの中ではマスクを着用すること。
  • 会合等は、当面は原則として中止するものとし、格別の事由がある場合に限り、その可否について、必要性・重要性等を踏まえ、各部門の判断に委ねるものとする。なお、やむを得ず実施する場合には、参加者へのマスク着用や手指消毒を呼び掛ける。
  • 社外、社内との会議、各種打合せが必要な場合、TV会議やWEB会議を積極的に活用すること。
  • 会議を実施する際はマスクを着用すること。
  • 出張は国内国外を問わず、原則中止とする。(やむを得ない場合は事業部長判断)
  • イベントは原則禁止とする。また、工場見学は中止とする。
  • 他の人と2m離れた行動をとる(喫煙場所では密集禁止)。
  • 室内等の換気は一定の間隔を置き、1日数回適宜実施する。
  • 昼食など会食する際は、無用の私語は控える。
  • 部外者との面会に際しては手指消毒、マスク着用をお願いする。
  • 密集した場所に長時間滞在しない。
  • 用事が済んだら速やかに帰宅する。
    ※ただしお客様からの指示・要請等がある場合は、これに従うものとする。

こんな人は要注意

  • 高熱や強いだるさ、息苦しさがある人
  • 重症化のリスクがある人
  • 妊娠中の人

「一人ひとりができる対策」

咳エチケットを心がける

  1. マスクを着用しましょう。
  2. マスクがない場合はティッシュなどで鼻と口を覆います。
  3. とっさの時は袖や上着の内側で覆います。
  4. 周囲の人からなるべく離れます。

石けんやアルコール消毒液などによる手洗い

ドアノブやエレベーターのボタン、テーブルなど、様々なものに触れることで、手にウイルスが付着する可能性があります。こまめな手洗いを心がけましょう。

人混みを避ける

公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50〜60%)を保ちます。

マスクを着用する

予防用にマスクを着用している人も多いですが、感染症の疑いがある人たちが着用することが感染防止に効果的です。

正しいマスクの付け方

  1. 使用の前にしっかり手洗いをしましょう。
  2. マスクと鼻の隙間をなくすように形を合わせます。
  3. マスクを下まで伸ばし、顔にフィットさせます。
  4. 使用後のマスクはビニール袋に入れ、口を閉じて捨てましょう。

この記事のカテゴリ