page top
年齢や経験に関係なく、
活躍できる会社です
鉄鋼君津事業本部 鋼管・鋼製品技術室
工学研究科 機械サイエンス専攻 卒業 2009年 入社
日本製鉄(株)東日本製鉄所 君津地区の鋼管(パイプ)を製造する設備や作業方法の改善、鋼管の品質向上へ向けた対策および製造する設備の能率向上のための提案や製造コスト削減を行っている。
仕事の醍醐味は?
挑戦や物事を成す時に大事なことは、その過程と考えています。仮に成功しなくてもそれも一つの答えだと捉えて前に進むようにしています。以前、挑戦したプロジェクトで発足当初は、なかなか現場からの理解を得られず、大変苦労していました。しかし、あきらめず、地道に対策を検討・実行した結果、現場の理解を得、作業者と一体となった活動となり、生産性を大幅に向上し、所長表彰を戴きました。この活動をきっかけにその後の私の提案した改善が実行され、成果を上げることで現場の人達が喜び、感謝された時、大変嬉しくやりがいを感じます。
私が所属する鋼管・鋼製品技術室は、上司から指示を受けてテーマや目標を決めるのではなく、一人ひとりが自らテーマや目標を考え上司に相談し、実行業務を決め、アクションプランを立てています。よって、常に新たな仕事に挑戦できる環境であり、成果を発揮した際は大きな達成感を得ることができます。
どんなことを心がけていますか?
当社は独自の技術を持っており、東日本製鉄所君津地区の小径管工場の80%の重要工程を任されています。そのため、常に現場を大切にすることをこころがけています。現場とのコミュニケーションが重要です。
ミーティングなどで現場の人の声を直に聞き、作業者からの依頼に対しては必ず回答するようにしています。その内容を聞くだけでなく、管理者としてその内容を現場へ行き、実際に自分で見て必ず確認するようにしています。
三島光産ってどんな会社?
上にまで声が届くことができる会社だと思います。私たちの部署では、部長や上司の方々との会議などでも、若い人の発言する機会を与えてもらえ、その内容を真剣に聞き、意見によっては取り入れて、実現にまで持っていくことが出来ます。
社員を大事にする会社であり、年齢や経験に関係なく活躍できる会社です。
これまで一番大変だったことは?どうやって乗り越えましたか?
特に子供が生まれてからは、仕事と家庭の両立が大変でした。悩んだ私は、早く家に帰れるよう、業務効率をあげるためには、どうしたらよいか、参考書をたくさん読んで勉強しました。その結果、1日のスケジュールの組み方を改善することで、仕事の効率をあげ、家族との時間も大事することができました。反対に家庭が充実すると仕事もうまくいくということです。家庭と仕事どちらも重要で、片方に偏りが生じると、結局はどちらも上手くいかなくなります。
今は自分の1日のスケジュールの組み方で業務効率があがり、家庭も充実しています。私が学んだ経験で後輩たちへ仕事の向き合い方・業務効率アップの仕方などをアドバイスしています。
自分がイメージする近未来ビジョンは?
まだまだ先は遠いですが「技術室長になる!」と意気込んでいます。仕事に対しての熱意は誰にも負けないつもりです!!周りから更に頼られる存在になれるように日々精進します。
休日の過ごし方
普通の日は残業で遅くなるとどうしても、妻任せになってしまいますので、休みの日は子供と公園やショッピングモールなどに出かけています。家族との時間を大切にしています。
工場を360°見てみよう!バーチャル工場見学