ページの先頭へ戻る

電鋳の製造方法と施工可能サイズ

電気めっきの原理

電気めっきの原理

外部電源から供給される電子によって、めっき液中の金属イオンが還元されて、陰極にめっき皮膜が析出します。

電鋳の成長のしかた

めっきを厚づけすると、電流の集中する製品の凸部にはめっきが多く析出し盛り上がります。反対に凹部にはめっきがつきづらくなります。実際のめっきの場合には、電流遮蔽板の利用や補助陽極、補助陰極等を利用して出来るだけ均一に析出するように工夫します。

電鋳イメージ

電鋳イメージ

大型電鋳設備

電鋳設備外観

電鋳設備外観

電鋳設備イメージ図

設備イメージ

電鋳の工程

 素材を保護したり、素材機能を向上させる、あるいは寸法を復元する場合の電鋳は素材との強固な密着 が必要となり、その素材に適した前処理が施されます。また、電鋳後に母型(マスター)より剥がして使用する場合は、母型の表面を忠実に転写させるために、離型処理が重要なポイントとなります。電鋳の母型(マスター)の材質は、金属の他に、樹脂やガラスといった非導電性の材質も使用されます。この場合、直接電気めっきは出来ないため、無電解めっき、金属蒸着等による導電処理が必要となります。
[製造・補修工程] 素材 → 面調整 → アルカリ脱脂 → 酸処理 → 電鋳 → 後処理
[複製工程] マスター → 面調整 → アルカリ脱脂 → 導電・離型処理 → 電鋳 → 脱型

最大可能寸法

板形状 : 2,600mmW × 1,200mmL × 200mmT
円筒形状 : 2,100mmφ×2,400mmL
※上記以外のサイズについては、事前にご相談下さい