page top

環境方針

 弊社の経営理念、「いきいきとたのしく わたしたち自身のために そして、社会のために」のもとに、資源・エネルギーの節約、地球環境保全、地球環境と調和した持続可能で豊かな社会の形成等、多くの環境問題の改善と弊社の事業活動の両立を目指して、日々の小さな努力を積み重ねて行くことを弊社の環境マネジメントシステムの基本方針とする。

機工環境方針

 北九州市曽根干潟,貫山系と瀬戸内海に面した小倉第一工場及び,大阪湾に隣接した南港工場、平林工場において,鉄鋼連続鋳造用モールドの製造とエンジニアリング,ロール表面処理,各種めっき・電鋳加工,プラスチック製品・自動車部品などの成形用金型の製造およびプラスチック製品の成形などの事業の活動を行ない,地球環境の維持改善重要性を認識し,全従業員参画のもとに,事業活動と環境との調和レベルの維持向上を目指します。

  1. 商品の設計から、製造、納入にわたるすべての事業活動において、全従業員が一体となり取り組める環境マネージメントシステムを構築し適用します。
  2. 定期的な内部監査、マネージメントレビューを実施し、システムの継続的改善をはかります。また、教育や広報活動により、環境方針の理解とシステムの維持、向上に努めます。
  3. 事業活動の遂行にあたっては、法規制及びその他の要求事項を順守します。
  4. 事業活動が環境に及ぼす影響を把握し、環境目標を定め、継続的な改善を目指します。
    1. 省資源、エネルギーの効率化、廃棄物の削減、及びリサイクル化を積極的に進めます。
    2. 製造工程において、環境負荷の大きい物質の排出を抑制し、環境汚染を予防します。
    3. 提供する製品の品質、機能、サービスの向上を通じて、ユーザにおける環境との調和レベルの維持向上に貢献します。
    4. 事業所内の3S(整理、整頓、清掃)の促進を通じた美化運動を推進します。
  5. 環境方針は、三島光産株式会社ホームページに掲載し公開します。

2021年3月1日
三島光産株式会社(小倉第一工場・南港工場・平林工場) 
執行役員 橋田 和夫