ページの先頭へ戻る

本社 新社屋 竣工 新本社でこれからの夢の100年をスタート

投稿日:2016年11月01日

本社 新社屋 竣工 新本社でこれからの夢の100年をスタート

JR鉄道側から見た本社ビル

 11月1日(火)大安吉日、本社新社屋の竣工式が執り行われました。

 当日は、会社役員、組合三役、設計、建設施工関係者、近隣の方々など40人がご列席され、事故もなく無事竣工したことに感謝するとともに、当社の今後の繁栄を祈願しました。

 竣工式後の直会では、三島社長から今回の新社屋建設にご尽力いただいたことに感謝し、設計頂いた有限会社大久保計画アトリエ、建築、施工を担当された髙藤建設株式会社の代表者の方へ感謝状が贈られました。 その後、15時から社内向け新社屋見学会が行われました。

 旧社屋は、築50年を迎え老朽化が激しいこと、および耐震性についても改善の必要性があり、今年創業100周年を迎え、これからの夢の100年を祈念する事業の一環として新社屋が建設されました。

 新社屋は鉄筋4階建、床面積578坪で旧社屋よりも1.4倍広くなっています。 新たにエレベータが設置されたほか、省エネ対応、全館万全のセキュリティーで安全が確保、1階エントランスは、ピロティー空間とロビー空間の一体化により、明るく開放的になり、2階以上は各階淡色カラーで識別化された、開放性のある見通しの良い執務空間となっています。 また、外観はJR鉄道側と幹線道路側から見える景観や、まち並みとの調和が考えられており、夜間もライトアップによりその景観を確保しています。 今回、見学されたOBの方々や社員関係者からは、「これからの三島新時代に向けて夢の100年にふさわしい社屋だ」と喜びの声が聞かれました。

 なお、旧本社での業務は、11月18日(金)までで、19日(土)・20日(日)で引越し、新社屋での業務は11月21日(月)から開始しています。

本社 新社屋 竣工 新本社でこれからの夢の100年をスタート

夜のライトアップ

本社 新社屋 竣工 新本社でこれからの夢の100年をスタート

夜のライトアップ

本社 新社屋 竣工 新本社でこれからの夢の100年をスタート

入って左側はエレベーター前のロビー空間

本社 新社屋 竣工 新本社でこれからの夢の100年をスタート

入って右側は応接室とコミュニケーションルーム

この記事のカテゴリ