ページの先頭へ戻る

エムティアイ アメリカの国際会議で研究成果を発表

投稿日:2017年02月15日

エムティアイ アメリカの国際会議で研究成果を発表

 エムティアイでは、現在、川野広志さんと宮田大史さんの両名が九州工業大学大学院博士後期課程に就学しており、今年度は卒業を目指して研究成果を論文にまとめることに力を注いでいます。

 そのような中、昨年の10月に宮田大史さんがアメリカ、ルイジアナ州のニューオリンズにあるニューオリンズマリオットホテルにて開催された『MMM2016』に於いて、当社製品である磁界測定器に使われる「磁気センサの高感度化」に関する研究成果を発表しました。 また、昨年12月には川野広志さんがアメリカ、ネバダ州のラスベガスにあるネバダ大学ラスベガス校にて開催された『ACIT2016』に於いて「新しい磁気測定システム」に関する研究成果を発表しました。

 どちらも世界有数の大規模な国際会議であり、各国の企業、大学、研究機関から多くの研究者が訪れ、研究成果の発表や最新技術についての多くの議論が行われました。

 今回も九州工業大学との共同研究の成果を発表したもので、二人の発表にも多くの質問があり、新たな問題点や解決方法の助言をいただくことが出来たようです。更に、他の研究成果を聴講することにより最新技術などの情報収集も行うことができ、とても有意義なものになったとのことです。

 これからは論文の完成を目指すとともに、今までの研究成果を当社の新製品開発や様々な分野への応用に活かせられるよう頑張ってくれることに期待したいです。

エムティアイ アメリカの国際会議で研究成果を発表

川野広志さん

エムティアイ アメリカの国際会議で研究成果を発表

宮田大史さん

この記事のカテゴリ