ページの先頭へ戻る

九州工業大学にて出前講義

投稿日:2017年07月24日

九州工業大学にて出前講義

 九州工業大学の学生がマテリアル関連の技術に触れ、民間企業を知るための機会として「鉄鋼材料学」の授業を依頼されました。学生はマテリアル工学科の3年生50人で、エムティアイ本多さんによる「三軸磁界測定器の改良と磁場キャンセラ装置の紹介」、機工事業本部技術開発部の平野さんによる「連続鋳造用モールドのめっき開発とFEM解析について」という2つの講義を行いました。

 後日、学生達が提出したレポートには「こんな身近に100年の歴史あるグローバル企業があることを知らなかった」「数年しか先輩でないのにもう開発をまかされているのが凄い」「三島光産の様にスキルアップできる企業に就職したい」などの感想が書かれており、優秀な学生への三島光産のPRにもなったようです。

九州工業大学にて出前講義

エムティアイ 本多さん

九州工業大学にて出前講義

技術開発部 平野さん

九州工業大学にて出前講義

九州工業大学にて出前講義

真剣に講義を聴く学生たち

この記事のカテゴリ