ページの先頭へ戻る

2019年 安全衛生推進方針

投稿日:2019年01月01日

安全・衛生を第一とし、いきいきと働ける職場を作ります

目標

  1. 完全無災害職場の実現
  2. 働く人と職場の健康づくり
  3. 環境事故防止と防災活動の実践
  4. ルールを守りマナーアップで安全運転

重点実施項目

完全無災害職場の実現(骨子)

  1. 過去の重大災害の反省が生かされていない災害防止
    • 全リスクの把握と改善(継続)
    • 重篤な災害の恐れのある作業の把握と改善
    • 顕著化していないが引き続き注力すべき事項(高所からの墜落、重量物による激突され)
    • 安全教育の充実
  2. 重大災害に至らないが繰り返し発生する災害防止
    • 重量物による挟まれ、作業環境(段差)による転倒のリスクの掘り起こし及び改善
  3. その他
    • ベテラン層に対する役割教育等の推進

働く人と職場の健康づくり(骨子)

  1. メンタルヘルス対策の推進
  2. 特定化学物質等リスクアセスメントの継続実施
  3. 熱中症対策の継続実施
  4. 健康経営に向けた現状把握と課題把握(新)

環境事故防止と防災活動の実践(骨子)

  1. BCP初動体制の強化
    • 安否確認システム運用の充実(新)
    • 全社BCP(初動)に関する計画策定
  2. 保安防災管理体制の強化
    • 保安防災力の本質的活動強化(保安安全対策、電気設備安全対策、現場管理、防災意識)

この記事のカテゴリ