ページの先頭へ戻る

~地域企業の課題解決効果に期待~AIを活用した研究が補助金採択

投稿日:2019年07月16日

7月16日、当社とミシマ・オーエー・システム株式会社(以下MOAS)の両社で開発中の「ICトレイ外観検査装置」が、FAISの補助金案件(北九州e-PORT構想2.0新ビジネス創出支援補助金)に採択されました。

頭脳としてのAIを活用した画像検査ソフトウェア、目としてのカメラと照明、腕としての搬送装置が一体となった外観検査装置で、オーダーメイドに対応しており、お客様の既存の工程に組み込めることが可能です。また、製品が地域の企業に展開された際の波及効果が認められるという点で評価を受け、採択に至りました。

今回、三島光産グループで2件目の補助金採択となりました。ICトレイのみならず、適用可能な製品の拡大を図ることで、地域の製造業に共通する「人手不足」という課題の解決に繋げられるよう、開発を進めていきます。

この記事のカテゴリ