ページの先頭へ戻る

君津寮地鎮祭 寮増築で求人・雇用の環境変化に素早く対応

投稿日:2019年07月23日

君津寮地鎮祭 寮増築で求人・雇用の環境変化に素早く対応

7月23日(火)鉄鋼君津事業本部君津寮の増築工事に伴う地鎮祭が執り行われました。

当社からは倉繁常務をはじめ、鉄鋼君津事業本部の各事業部長ならびに労働組合君津支部長、君津寮自治会長が出席されました。

2008年に旧八重原寮の老朽化に伴い、新築された現君津寮は、当時の君津製鉄所関連会社各社で先駆けと話題になりました。

それから11年が経ち、君津寮建設当時に予想していた県外・県内の求人バランスは、昨今の労働力人口の減少に伴い、女性活躍推進法に対応した女性採用など、国内の雇用環境は変化しました。

それに伴い、鉄鋼君津事業本部を取り巻く求人環境も、県外への求人や女性採用と変化しつつあるため、今回、君津寮増築が必要となりました。

今回の増築棟の規模は、71室の増築で、その内18室は女性の居室を確保しています。また、共通のユーティリティーとしては、寮生の談話室、研修室も整備し、生活基盤と求人アピールポイント向上に努めたいと考えています。

概要

竣工日:2020年3月予定

建物:3階建て RC構造

部屋数:全体71室(内訳:寮タイプ53室、女子ワンルーム18室)

設備:セキュリティーカード使用 談話室 研修室 シャワー室

君津寮地鎮祭 寮増築で求人・雇用の環境変化に素早く対応

鍬入を行う倉繁常務

君津寮地鎮祭 寮増築で求人・雇用の環境変化に素早く対応

完成図イメージ

この記事のカテゴリ