ページの先頭へ戻る

2020年 安全衛生推進方針

投稿日:2020年01月01日

安全・コンプライアンスを強化して、いきいきと働ける職場を作ります

目標

  1. 過去の重大災害の反省が生かされない災害の絶無
  2. 働きやすい環境づくりの実践
  3. BCP及び保安防災の体制づくりと実行
  4. ルールを守りマナーアップで安全運転

重点実施項目

安全衛生

過去の重大災害の反省が生かされない災害の絶無

  1. 注力すべき事項
    • 重篤な災害の恐れのある作業把握と改善
    • 重大災害に至らないが繰り返し発生する災害防止
    • 注力すべき原因(管理・人)
    • 経験の浅い作業者及びベテラン層への継続した安全感性教育・対話
    • 安全教育の充実
  2. 改めて足元から注力すべき事項
    • 非定常作業の抽出と(定義の見直し含む)手順化移行と教育
    • 作業手順書の計画的見直し
    • 事業部研修での有効な活動展開
  3. 全社展開事項の再徹底

働きやすい環境づくりの実践

  1. メンタルヘルス対策の推進
  2. 熱中症対策の推進
  3. 特定化学物質等リスクアセスメントの実行

保安防災

BCP及び保安防災の体制づくりと実行

  1. 保安防災管理体制の定着
  2. BCP初動体制づくりと取り組み

交通安全

ルールを守りマナーアップで安全運転

  1. 社有車による業務中及び通勤時の交通事故防止
  2. 飲酒運転撲滅運動の推進

 安全衛生は、企業経営の根幹をなすものである』とのわが社の基本的考えから、社員の安全と、健康で快適な職場環境の向上を最優先に経営を行います。
 そのために、人間尊重の理念に徹し、労働安全衛生マネジメントシステムを確実に実施・運用して、これを社員一人ひとりに浸透・共有化させることによって安全・安心の三島光産をつくります。

この記事のカテゴリ