ページの先頭へ戻る

2020年三島グループ入社式

投稿日:2020年04月01日

2020年三島グループ入社式

九州地区新入社員

4月1日(水)、三島グループ入社式が執り行われました。緊張の面持ちの若者77人(三島光産72人、平和自動車工業(株)3人、(株)M&I化成2人)が新たにチーム三島に仲間入りしました。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、九州地区、千葉地区、君津地区、鹿島地区に分かれての入社式となりました。

新入社員が到着すると、受付で、体温チェック、消毒等を行い、全員マスクを着用して、式に出席しました。

午前9時45分、本社と各地区をネットで繋ぎ、ビデオ中継で入社式が始まりました。

社長挨拶では、お祝いの言葉を伝えられるとともに、会社の歴史とグループの事業内容が紹介されました。新入社員に対してのメッセージとして、「三島光産グループは、2025年にありたい姿をビジョンとして描き、社会やお客様に必要とされ続けることを使命として歩んでいます。まずは3年間、初心を忘れることなく、強い思いをもって、共に頑張っていきましょう。これから仕事をしていく中で、きつい、辛いと思うこともあるかもしれません。しかし、その困難を乗り越えたときに得る達成感は大きなもので、自分自身を成長させるものです。また、過去1日1日の積み重ねで、今の自分、今の会社があります。すなわち、日々の積み重ねで未来を変えることができるということです。皆さんと共に力を合わせ成長し、より良い人生、より良い会社にしていきましょう。」との激励の言葉を述べられました。

また、先輩の祝辞では、昨年入社の社員で作成したビデオレターの紹介と、代表者から新入社員へ激励の言葉が贈られました。

その後、新入社員の代表者から、社長・先輩社員からの激励に対するお礼と、今後の決意が述べられました。

例年とは違う、異例の入社式となりましたが、各地区の新入社員は、チーム三島の一員としてフレッシュな笑顔で社会人をスタートしました。

2020年三島グループ入社式

千葉地区

2020年三島グループ入社式

君津地区

2020年三島グループ入社式

鹿島地区

2020年三島グループ入社式

新入社員代表挨拶

この記事のカテゴリ