page top

第22回東日本製鉄所君津地区協力会 JK活動発表大会 ヤード精整サークルが発表

投稿日:2021年06月15日

第22回東日本製鉄所君津地区協力会 JK活動発表大会 ヤード精整サークルが発表

菅原さん(左)と後藤さん(右)

5月13日(木)、日本製鉄(株)東日本製鉄所君津地区コミュニケーションホールにおいて「第22回東日本製鉄所君津地区協力会 JK活動発表大会」が開催されました。当初は2020年5月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で1年延期。今回、念願叶っての大会開催となりました。通常開催では聴講者が500人を超えますが、今回の一般傍聴参加者は、発表会社から各4人のみとし、人数を制限した大会となりました。

発表会社は全6社で、当社もその中の1社として参加、鋼板事業部厚板課ヤード精整サークルが発表しました。発表者は菅原貴之さん、アシスタントは後藤秀仁さんが務め、堂々と落ち着いた様子で発表していました。
ヤード精整サークルの発表したテーマ「厚板スラブヤード安全対策」は、厚板スラブヤード稼働エリア内のリスクレベルを早期に低減させるため、メンテナンスグループと連携し、さまざまな対策案で、課題を乗り越え実行した成果をまとめたものでした。

発表後は、協力会の代表として黒崎播磨(株)片岡事業所長から、「厚板スラブヤードの安全対策を妥協することなく問題点を洗い出し、稼働エリア内から絶対に災害を出さないという強い意志を感じました。」との講評をいただきました。

第22回東日本製鉄所君津地区協力会 JK活動発表大会 ヤード精整サークルが発表

表彰状授与

第22回東日本製鉄所君津地区協力会 JK活動発表大会 ヤード精整サークルが発表

記念撮影

この記事のカテゴリ