三島光産株式会社
三島光産株式会社
採用情報
page top

MOASが環境省モデル事業に取り組む

投稿日:2024年06月17日

ミシマ・オーエー・システム(株)(以下、MOAS)は、環境省が公募した「ごみのポイ捨て・発生抑制対策等モデル事業(観光庁連携事業)」に採択されました。この事業は、観光客の行動変容促進や地域連携による広範囲な取り組みで、観光地でのポイ捨て防止や、ごみの発生抑制を図ろうという活動です。

さらにその活動を広く情報発信・横展開を図ることで、環境保全と観光振興の両立や、観光地の更なる魅力向上に繋げていくことを目的としています。

今回、MOASは沖縄県の西表島を対象とした事業に取り組みます。西表島は西表石垣国立公園に属し、さらに2021年7月には世界自然遺産に登録され、国内外問わず大きく注目されています。入域観光客数は、年間30万人以上!一方で自然資産が無秩序に利用されてきた経緯もあり、オーバーツーリズム対策が強く求められています。

この課題を改善するために、MOASは、「世界自然遺産『西表島』ボトルリユースと給水によるごみの発生抑制モデル事業~ボトルをお供に楽しく観光、のペットボトル0の島へ~」に取り組みます。

詳しい内容は、MOASホームページをご覧ください。

環境省事業「ごみのポイ捨て・発生抑制対策等モデル事業」に当社が採択されました - ミシマ・オーエー・システム株式会社 (mishimaoa.co.jp)

この記事のカテゴリ